忍者ブログ

くりすます

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

著作情報


マーケジンのさきほどの記事に興味深い記述がありました。Googleのソーシャルシグナル分析についての記述です。特に気になったのが、ブログの執筆者の著作情報を積極的に検索結果に反映させているという文章。検索結果の上位に表示されているリンクはねつ造されやすいという理由から、なるべく捏造されにくい環境を作るべく、コンテンツの著作やソーシャルシグナルの活用をし始めたということのようです。この記事によると、やはりコンテンツを充実させることは必須のようです。アメリカで有名なSEOのエキスパートの方のアドバイスとして、コンテンツ作成のための予算を検討してもらうように、マネジメント側に働きかけなくてはならないとのこと。良質なコンテンツを提供していくためには、そこに予算を投じることが、パフォーマンス向上につながるということのようです。ただし、SEOのためだけにコンテンツを作成するというのはなく、訪問ユーザーのことを考えるべきとのことです。

2011年~2013年は検索世界の変り目。この期間挟んで旧時代と新時代に
コンテンツ無しURLに被リンク集めるとペナルティが発動。Google検索
リンク元は御客様自身で確認。被リンクチェックツールで被リンク検索
SEO業者との連絡に検索エンジン会社運営の無料メール使うな。情報漏れ
スピード感求められる事業に向くキーワード広告。短期的成果は広告で
両サイト(複数サイト)で記述が重複すると危険な箇所。Title重複は?
SEO情報の大半は観念。「現実」に基づいたSEO対策情報のみ収集価値有り
「不動の1位表示」「不動の上位表示」を達成する方法やり方・SEO対策流れ
新規の独自ドメインでも直ぐに検索エンジン経由の「集客数」増やせる。中古ドメイン不要
URLのドメイン名のみ異なりディレクトリ名ファイル名は同じ。問題は?
引越し元の1代目「トンちゃんYahoo SEO対策ブログ」がヤフー検索で「Yahoo SEO」1位を取ってしまった
「QDF」と「不動の1位表示」ではSEO対策の方向異なる
キーワードに沿ってコンテンツの文章量増やすなら「SEOの力」となる
ページ遷移無しで検索ユーザーの問題解決する複製文章URLは評価高い
賢い検索エンジンGoogleで上位表示迄に必要な期間。ビッグキーワード
被リンク対策は被リンクSEO技術と外部対策経験値・経験量がものを言う
PR