忍者ブログ

くりすます

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



ついに実験サイトの検索順位が下がってしまいました。1つばかし下げてしまいました。多分実験サイトのタイトルを変更したことが最近反映されたためかと思います。しかし、ビッグキーワードで検索順位を上げるのは容易ではありませんね・・・。分かってはいたのですが、ついつい検索結果を毎日チェックしてしまいます^^;。しかし、クエリ数や表示回数は徐々に増えてきているので、努力が報われているということが感じられてうれしいです^^♪。狙っているビッグキーワードがもう一つありまして、そのキーワードも検索結果の2ページ目まで上がってきましたが、まだまだです。検索結果の1ページ目まで上げないとダメということは分かっています。その狙っているもう一つのビッグキーワードは、Googleウェブマスターツールによると、ウェブ上で表示された回数は12回。クリック数は10未満なのでまだまだです・・・。表示されても、クリックされなければ無意味。

複数サイトの共通部分が同じ記述でも不利益は受けず。コンテンツは?

退行催眠で生まれる前の自分の情報を知る
退行催眠

完結型SEOサービスは「コンサルティング+被リンク対策」で構成される
輸入・内需型企業は余力ある内にSEO対策した方が良い。円安増税の逆風
被リンク対策は「時間分散」が重要。被リンク設置時期の分散で自然化
被リンク競走で勝ち続けられるようSEOサービス設計。被リンクの質と量
各キーワードで最適化されたコンテンツ群を用意すれば安定1位表示可
Google SEOの価値
名サイト管理者ほどSEO・SEMの大局判断誤ら無い。大局の正情報把握が命
Bing検索でも順位を上げておいた方が良い。NAVER検索は現時点では無視で大丈夫
1URL1キーワードか1URL1意味で対策。SEO原則。検索エンジン目線とは
重複コンテンツ(非正規コンテンツ)対策。メタタグnoindexが効果的
検索圏外に落ちない中長期的SEO集客の土台を築くには?内部&外部SEO
「高度な技術」が本当に必要とされるのは被リンク対策。内部対策に非ず
SEOサービスの料金は弊所が指定、逆SEO対策サービスでは御客様が指定
検索エンジンの検索結果は力(ちから)で動く。玄人SEO業者がSERPs支配
PR

上位


検索結果を見るうちの行動がまた変わってきました。どんどんせっかちになっていってます(笑)。以前であれば、検索結果の2~3ページ目まで見ることもたまにありましたが、検索結果の2ページ目の上位、検索結果の1ページ目とどんどんせっかちになっていき、今では検索結果の1ページ目の上から5番目くらいまでしか見なくなりました^^;。欲している情報が検索結果1ページ目の上位の方にないということが割ると、すぐさまキーワードを変えたり、キーワードを追加して複合キーワードで再検索しています。もう検索結果の1ページ目をすべて見るということもやめてしまいました。なぜだか理由は分かりませんが、検索結果の下に行けばいくほど、自分が欲している情報がないということに気付いたからかもしれません。でも、検索結果の下の方にもいいサイトが埋もれている可能性もあるかもしれません。SEOを施してない、SEOを知らないという人が運営している場合は埋もれる可能性があります。

池袋駅、ヒーリング&ヒプノカウンセリング
池袋カウンセリング

YSTのSEOなら中古ドメインだが、Google検索なら新規ドメインで十分
キャバクラ系とアダルト系のSEO対策。キャバは全部、18禁は一部対応可
旧時代(昔)の被リンクが多く付いていると順位上げるのに大変苦労する
SEO業者選びのコツ。経験値と未来予測能力が重要。知識と技術は当り前
内部対策ではページ自体の修正や再作成は必須。やらないなら負け確定
ビジネスブログの記事。ブログは「質」を固定、ミニブログは「量」を固定。ブログは必ず独自ドメインで
各国Googleのベース(検索アルゴリズム)は同じ。英語圏SEOも対応可
弊SEOサービスの多くは2階建ての契約。1階部分の契約は終了後も残る
被リンクSEOは「コンテンツ被リンク+ROS被リンク」型が最強。リスクと質
文章量の少ないコンテンツがサイト内に多いと順位ダウン。パンダと量
関連性有る(関連性高い)記事に被リンク設置不要。関連言及は効果大
風俗サイトやキャバクラサイトが弊SEO対策サービス利用する際の条件
SEOサービス利用終了後に設置済み被リンク群を剥がす事も可。有償解除
「被リンクの質」とは何か?質低い独自ドメイン、質高い無料ドメイン
毎月SEO料金の範囲内で設置可能な数だけ被リンク供給。被リンクの量

著作情報


マーケジンのさきほどの記事に興味深い記述がありました。Googleのソーシャルシグナル分析についての記述です。特に気になったのが、ブログの執筆者の著作情報を積極的に検索結果に反映させているという文章。検索結果の上位に表示されているリンクはねつ造されやすいという理由から、なるべく捏造されにくい環境を作るべく、コンテンツの著作やソーシャルシグナルの活用をし始めたということのようです。この記事によると、やはりコンテンツを充実させることは必須のようです。アメリカで有名なSEOのエキスパートの方のアドバイスとして、コンテンツ作成のための予算を検討してもらうように、マネジメント側に働きかけなくてはならないとのこと。良質なコンテンツを提供していくためには、そこに予算を投じることが、パフォーマンス向上につながるということのようです。ただし、SEOのためだけにコンテンツを作成するというのはなく、訪問ユーザーのことを考えるべきとのことです。

2011年~2013年は検索世界の変り目。この期間挟んで旧時代と新時代に
コンテンツ無しURLに被リンク集めるとペナルティが発動。Google検索
リンク元は御客様自身で確認。被リンクチェックツールで被リンク検索
SEO業者との連絡に検索エンジン会社運営の無料メール使うな。情報漏れ
スピード感求められる事業に向くキーワード広告。短期的成果は広告で
両サイト(複数サイト)で記述が重複すると危険な箇所。Title重複は?
SEO情報の大半は観念。「現実」に基づいたSEO対策情報のみ収集価値有り
「不動の1位表示」「不動の上位表示」を達成する方法やり方・SEO対策流れ
新規の独自ドメインでも直ぐに検索エンジン経由の「集客数」増やせる。中古ドメイン不要
URLのドメイン名のみ異なりディレクトリ名ファイル名は同じ。問題は?
引越し元の1代目「トンちゃんYahoo SEO対策ブログ」がヤフー検索で「Yahoo SEO」1位を取ってしまった
「QDF」と「不動の1位表示」ではSEO対策の方向異なる
キーワードに沿ってコンテンツの文章量増やすなら「SEOの力」となる
ページ遷移無しで検索ユーザーの問題解決する複製文章URLは評価高い
賢い検索エンジンGoogleで上位表示迄に必要な期間。ビッグキーワード
被リンク対策は被リンクSEO技術と外部対策経験値・経験量がものを言う